技術と研究開発によって養われた高度な技術

昭和21年(1946年)、当社は次世代の超特殊精密螺子の生産を目的として創業いたしました。

以来、半世紀以上に渡り、光学機器、精密機器、情報機器をはじめ医療用精密部品の製造・技術開発に努め、「お得意様に喜んで頂く」という創業時の精神に基づいて、日々精度と技術の向上に徹し、努力を続けてまいりました。

μm単位の精度と高機能の製品を造り続け、おかげさまで厚いご信頼と、当社製品に対する高いご評価をいただいております。

たゆまぬ研究開発と、築き上げ養われた高度な技術、そして品質の管理と生産管理体制をもとに、時代に求められる製品レベルに対応できる「信頼できご要望に応えられる精密加工、切削加工、部品加工のスペシャリスト」としてこれからの時代を躍進してまいります。

半世紀におよぶ技術の集積、そして新技術への挑戦

私たち第一光機は、超精密パーツ切削加工メーカーとして、お客さまに常に最高品質の製品をお届けすることに全力を注いでおります。

長年の経験と培ってきた技術にて「高品質」「高精度」の切削加工が可能となり、より高精度のニーズも高まっております。

また、医療用精密部品関連などサポートや、難削材の加工はもちろん特殊加工と二次加工など、より高度な製品造りに尽力してまいります。

私たちは、「品質を無形の特許に」というポリシーのもと、半世紀以上にわたって培ってきた独創技術と、さまざまな新技術とプラスワンの技術を開発・修得し、時代の要求にお応えできる高次元は製品創りを追究いたしております。

知恵と行動力を余すこところなく発揮し、お客様の信頼と満足を得ること、お客様の喜びは、そのまま私たちの造る者の喜びであり、常にお客様から信頼され愛される身近なパートナーでありたいと願っています。

会社概要

 

会社名 第一光機株式会社
所在地 長野県岡谷市成田町1丁目1番6号
創立 昭和21年10月
設立 昭和52年4月
代表者 代表取締役 社長 片山光純
資本金 1,000万円
事業内容 電子機器・事務機器・光学機器・OA機器・FA機器・家電向けの特殊超精密パーツの切削加工製造など
生産品目 駆動ネジ、駆動ローラ、シャフト、軸、特殊精密螺子など
主要取引先 株式会社 栃木ニコン
京セラオプティック 株式会社
株式会社 リコー
株式会社 コシナ
株式会社 日本ピスコ
トーハツ 株式会社
株式会社 ケンコー・トキナー
日本電産コパル 株式会社
株式会社 ライト光機製作所
株式会社 ダイヤ精機製作所
Phase One Japan 株式会社
株式会社 ミツトヨ
オルガン製針 株式会社
シチズンファインデバイス 株式会社
株式会社 ビクセン
株式会社 島津デバイス製造
日本電産セイミツ 株式会社
日本精密測器 株式会社
株式会社 nittoh
ユニバース光学 株式会社
取引銀行 八十二銀行、長野銀行、諏訪信用金庫、三井住友銀行

会社沿革

 

昭和21年10月 光学関係特殊精密螺子ならびに精密機器の製造を目的として片山産業製作所を設立
昭和31年10月 法人組織に改め、第一光機株式会社と改称。資本金600万円に増資
昭和45年10月 資本金1,200万円に増資
昭和46年4月 TQCを導入し全社的品質管理活動を展開
昭和50年10月 資本金2,400万円に増資
昭和50年10月 株式会社リコーのデミング賞受賞に伴い、その貢献により感謝状を受く
昭和51年3月 VE(価値分析)を導入し全面的原価低減活動を展開
昭和52年4月 岡谷工場を独立させ、同名の第一光機株式会社を設立(資本金560万円)
昭和61年3月 小径用NC旋盤を中心とした生産ラインを構築し生産力を強化
平成3年6月 新社屋を新築(延床面積200坪に拡大)全館空調にし製品品質の向上・作業環境の改善を実現
平成7年9月 資本金を1,000万円に増資
平成8年10月 創業50周年を迎える
平成12年 ジュエリー・装飾・装身具業界参入 ペンダント、ネックレス、イヤリング金具生産開始
平成15年 複合NC自動旋盤 シンコムM32設備、最大加工径φ32まで拡大
平成20年 NHK「クローズアップ現代」地球温暖化Co2削減 出演

アクセスマップ


 

住所: 〒394-0042
長野県岡谷市成田町1丁目1番6号
電話: 代表番号:0266-24-1640
工場直通:0266-22-3809
FAX: 0266-23-9293